味のないパンにも味があると思う。

Flash全盛期から活動するインターネットマスター、年50冊以上の読書、ゲーム好きヲタク。鬱病を克服、あなたに元気とほっこりパンをお届けします。

味のないパンにも味があると思う

独学で合格するぞ!社会保険労務士の試験勉強はいつからしたらいいの?役立つの?【社労士】

スポンサーリンク

f:id:lindalindapanda:20180824233837j:plain

もし、ムロタピーズ(@lindalindapanda)です。

今年も社会保険労務士試験2019年度に向けて勉強を開始しました(ん?今年もだと…)

みなさん資格取得に向けて一緒に頑張りましょう。

社会保険労務士(社労士)の試験勉強はいつから始めればいいの?

ずばり1年間の勉強が必要とされています。学習時間にして約800時間

単純計算365日で割り算すると1日約2時間の学習(あくまで基礎知識のあるなしに影響されるので、初めて学習を開始する人向けの学習時間目安だと感じます)

社労士試験は毎年8月の最終日曜日に実施されます。2019年度も9月頃から学習を開始すると十分時間がとれるでしょう。

※とはいいつつ本格的な基礎テキストは毎年10月中旬発売なのでそれからでも大丈夫。早いほうが学習期間を長く取れるメリットがありますが、逆に短期集中もアリだと思います。

僕は2018年度の合格を目指していたのですが、出産や育児によって途中で勉強を中断しました。ようやく落ち着いてきたので2019年度合格に向けて頑張りたいと思います。

社会保険労務士(社労士)の勉強は楽しいぞ

社会保険労務士には2種類の業務形態があります。

・開業型…独立開業する社労士

・勤務型…総務などで企業内でサラリーマン同様に働く社労士

どちらにおいても労使間のトラブルを未然に防止する重要な役割を果たし、非常に重宝される資格だと思います。

役立つことはもちろんなのですが、そもそも僕は社労士の学習がすごく楽しいです。

「自分を守る知識」がどんどん身に付きます。学べば学ぶほど自分の社会人生活に超密着した知識を得ることができるのです。明日から役立つ知識が多くすごく楽しい。

権利と義務が明確に見えてくる

最近は従業員側が(もちろん僕も従業員側なんですが…)インターネットで都合の良い記事をひろって、会社に異議申し立てするケースが多いように思います。

ツイッターをみても不利益を受けたものが「会社に申し立てする」とツイートをする→取り巻きが「いけいけ!」と盛り上がっている場面をよく見ます。

しかし何の法律や規定を根拠に訴えているのか分からずただ感情のまま「会社を訴えること」に集中していてるのを見ると非常に危険と思えます(訴えることを悪としているわけではありません。僕も従業員サイドです。)

訴えると言っている人、その周りで盛り上げている数万人のうち何%が正しい知識と判断力をもっているのでしょうか。僕はここを問題視したい。

法律絡みの問題なので逆に従業員側が業務妨害で訴えられるケースもおおいにあるのです。日本は最近従業員の主張が強くなっていますが、会社を守る法律もたくさんあるという事実は見過ごしてはいけません。

社労士の勉強は企業VS従業員の判例もたくさんあってとても楽しいです。

いますぐ社労士試験対策をスタートダッシュするには

2019年度のテキストは10月中旬に発売されます(直近の法改正対応や前年度の試験内容を包摂するため)

ではいまから(8月~9月)できることはないのか。そこでおすすめのスタートダッシュテキストが8月に発売されたのでしっかり購入しました。

2019年度版を読み終えましたが、たとえいつの時期に勉強を開始しようとも1番最初に読むべき良書でした。

全体像を把握することが合格への近道

この基礎の基礎テキストで全体像を把握することにより、10月から本格的に開始される社労士の勉強にもスムーズに取り組んでいくことができると思います。

たとえば日常生活で難しい1冊の本を読むこととします。その本をスムーズに読むコツがあります。

帯と目次を読んだ後に「はじめに」と「あとがき」を読むのです。これでその本の主張したいことがわかり目的が明確化されることにより理解力が高まります。その後、主張の間を埋めていくように細かく読解していく。

社労士試験でも同じです。まずは全体の把握から細部にうつることが大切です。

資格試験に勢いをつける

資格試験そのものを体験することもとても有意義です。

僕のような社会人経験が長い人間だと資格試験、勉強という感覚が薄れてきていると思います。そこで「勉強すること」を思い出すため他の資格を合格して社労士試験に勢いをつけてみました。

オススメの試験が秘書検定。これも社労士試験同様、明日にでも役立つビジネス知識が満載のため試験勉強がとても楽しかったです。

しかもまた良い時期に試験があります。片手間でできるぐらいの難易度なので感覚を取り戻す気持ちでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

おわりに

最後までお読みいただきありがとうございました。

効率的な勉強法や計画などをみなさんと共有し、今年度さいごまで楽しい社労士の勉強ができたらなという思いからブログをかかせていただきました。

勉強の片手間、みなさんに有意義な情報を流せたらなと思いますのでよろしくお願いします。2019年度の社労士試験をともにするみなさん一緒に頑張りましょう。