味のないパンにも味があると思う。

人を楽しませることを沢山考えてきたよ!年間100冊読書をする学び大好き社会人。天真爛漫な娘ちゃんと嫁ちゃんダブルで尻に敷かれながら楽しく過ごす愛情ブロガー。おこづかいはアドセンスよ!パワハラ銀行員を経て企業コンサルに就任。事務は任せろのインドアの極み!

味のないパンにも味があると思う

【勉強法】参考書や問題集の選び方を考える。

スポンサーリンク

f:id:lindalindapanda:20181223223053p:plain

受験や資格勉強のときってどの参考書や問題集を使うか迷うよね。

そだね!本屋にいくと色々な種類の参考書や問題集があるもんね!

そうそう!沢山あって選び方がわかんないよ…どうやって選んでるの?

ふふふ…よくぞ聞いてくれました。

おっ!おすすめの選び方があるんだね?

ここだけの秘密なんだけど、僕は他の受験生に差をつける為、あえてあまり売れてないマイナーな参考書や問題集を買うんだ!みんながやってるやつを覚えても差がつかないでしょ?

えぇー!?あえてマイナーなものを買う!?それ本当に正しいの?わたしはみんなが使って売れているおすすめのがいいと思うけどなあ

よしっ!それじゃあ今日は書籍調査やヒアリング調査で効率的な参考書や問題集の選び方をさぐっていこうじゃないか!

本屋さんには受験や資格勉強のための参考書・問題集があります。

その種類は膨大で売れているものからマイナーなものまで所狭しと並んでいますよね。

僕は勉強が大好きで参考書や問題集を吟味するのがすごく楽しいと思うのですが、あるとき「参考書や問題集は売れているもののほうがいいの?はたまたマイナーなものがいいの?」という疑問が生まれました。

果たしてもっとも効率のいい参考書・問題集選びはどのようなものなのでしょうか。

この記事を読めば

  • 参考書や問題集は売れているものがいいのかマイナーなものがいいのかがわかる
  • 多くのヒアリングに基づき選び方を研究したので納得して参考書を買うことができる
  • ゆえに安心して受験や資格勉強に取り組むことができるようになる

それでは参考書や問題集の選び方を一緒に研究して納得のいく1冊を手に入れましょう。

売れている参考書や問題集を選べ。

おい!いきなり結論出してるじゃないか!

いいんだよ。受験や試験勉強の合間を割いてこの記事を見てくれているんだ。結論から出すのが当然さ。

それもそうだね!さらにこの結論に至った理由もこれからの長い勉強期間に参考書を信頼して使うためには大切だよ!

いきなりですが、今回の研究では「売れている参考書や問題集」を選ぶのがベターだという結論を出しています。

受験や資格勉強で参考書や問題集に悩んでいる人は売れているものを信じてすぐに勉強に取り掛かっても良いと思います。

しかしながら受験や資格勉強は長い道のりです。

僕も多々経験があるのですが自分の使っている参考書や問題集だけを信じていいのかと不安になるときがあります。他の参考書に浮気することも…

この記事を読めばそのような不安を払拭でき自分の使っている参考書や問題集に自信をもって勉強に集中できるようになると思います。一読してくだされば幸いです。

正直に言うと僕は「マイナーな参考書」がいいと思っていた。

まず「参考書・問題集選びを研究する前」の僕の意見をまとめておきます。

いまの段階で同じ考えの人も多いかと。

マイナーな参考書がいいと思った理由

・売れている参考書にはない情報で他の受験生に差がつけれると思った。

・試験問題作成側は売れている参考書や問題集を把握しており、あえてそこからの出題をはずしてくると思った。

上記2点は、僕がマイナーな参考書のほうがいいと思った理由です。

僕は試験問題作成側の裏側を読み、あえて売れている参考書や問題集からの出題ははずしてくるとにらみました。(これは実際のところ受験や資格勉強試験の意図を完全に履き違えています)

そんな中でもやはり自分の使用している参考書や問題集が他の大多数の受験生と違うと不安になってくるものです。

そこで僕は調査をすることにしました。つまりマイナーのものを肯定するための材料集めをするわけです。

しかしながら冒頭で結論を述べたとおりこの考えは調査を進めていくうちに改心されることとなるのです。

ツイッターのアンケートで大多数の意見を確認する

まずはアンケート調査です。

幸い僕のツイッターにはかなりの有識人がたくさんいます。こういうときブログ仲間がたくさんいるツイッターは心強いですよね。

さて、売れているorマイナーな参考書や問題集、あなたならどっちを買う?

僕は50:50くらいのアンケート結果になるかなと思っていたのですが

かなりの差で売れている参考書に投票がありました。

まずはこの結果を受け入れなくてはなりません。

この現実を目の当たりにして次のステップへ進みます。

フォロワーの精鋭たちにヒアリング調査を行いました。

頼むぞ!博識フォロワーたちよ!

知恵の豊富なフォロワーにヒアリング調査を行う

さてなぜこのような結果になったのか、売れている参考書や問題集に投票した方にヒアリングを行います。調査協力してくださった方々ありがとうございました。

売れている参考書や問題集を選ぶ理由

精鋭たちの意見を聞かせてもらい僕が読み取れたことは

資格は一定の知識を有しているかを判断するもので、売れている参考書に載っているものはやはり基礎力を固めるものであり試験においては範囲ははずせない。

また売れているものは勉強がしやすいので必然的に売れているのである。

ということです。いままでの僕は資格勉強をライバルとの戦いとだけ認識しておりました。

しかし指摘されていることをよく考えてみると資格勉強においてはボーダーラインを超えれば合格できるわけですし、受験勉強においては見逃してはいけない基礎部分がわかりやすく書かれていることが売れている参考書や問題集のクリティカルな理由になっているのです。逆にそこをはずすと他者と余計に差が開き、かつ基礎力の向上が図りづらくなります。

もしマイナーなものに移るのであれば売れているものをベースとして応用力を身につけるためマイナーなものを取り入れるのがよさそうです。

ツイッターのアンケートの結果から発展してここまで売れている参考書や問題集が良いという理由が固まったよ!

よかったね!これで安心して勉強に取り掛かれるね!

そだね!でもせっかくだからもっと調べてみるよ!

勉強本でも売れているorマイナーどちらがいいのか調べてみる

さて色々な勉強本を読んでいる僕ですがその中でもわりと好きでサクっと読める勉強本を紹介します。

内容はシンプルで科学的に勉強法を深く学べるというレベルには達していませんが、勉強を効率的にかつ前向きに取り組めるようにやる気の出る本と思います。

これから資格勉強をはじめる良い手ほどき本です。なるほどなと思うところがたくさんあります(アマゾン評価★4.4 H2.12)

本書にも売れている参考書や問題集かマイナーな参考書や問題集の議論が出ていました。

いちばん売れている暗記本を使う

 

インタビューをした東大合格者の9割が同じ英単語集を使っていた

皆さんは試験を「他人よりも優れた人が選抜される」イメージで捉えているかもしれませんが、実際には「知識のない人から落とされる」イメージのほうがより正しいといえます。 本書49pより引用

※勉強法を深く科学的に学びたいのであればこちらの本がかなりオススメです。

おぉ!ずいぶん固まってきたね!そろそろ大丈夫じゃない?

うん!仕上げは現役の教育者(高校教師)にヒアリングするよ!

現役高校教師にヒアリングする

仕上げに10年以上高校の教師(国語担当)をしている方にもヒアリングしました。

f:id:lindalindapanda:20181222232407j:plain

f:id:lindalindapanda:20181222232429j:plain

先生ありがとうございました。

やはり得られた回答は売れている参考書や問題集を選べとのことでした。

その論理はやはり前述で読み取ったことと似ています。

また問題作成者側も売れている参考書はチェックするということも読み取れました。

安心して勉強に取り組むことができるようになった

これでようやく安心して勉強に取り組むことができます。

数々の論理的な意見を聞くことができ、当初思っていた参考書や問題集の選び方を正すことができました。

また今回調査したことにより大きなメリットは持続的に勉強する際に使用する参考書に自信を持って取り組めるということです。

長い勉強期間では本当に自分のやっていることが正しいのかと不安になってくることがあります。

あれやこれやと目移りしてたくさんの参考書を買ってしまうのはそのためです。

今回の知識を頭に入れておくことで横道に脱線することを防ぐことができるはずです。これは僕が勉強するうえで生涯大きな財産となりました。

今回ご協力してくれたみなさんありがとうございました。

受験勉強や資格勉強の合間を割いて、当ブログをお読みいただいたみなさん本当にありがとうございました。

これからも共に勉強を頑張っていきましょう。それでは!