味のないパンにも味があると思う。

Flash全盛期から活動するインターネットマスター、年50冊以上の読書、ゲーム好きヲタク。鬱病を克服、あなたに元気とほっこりパンをお届けします。

味のないパンにも味があると思う

本気で人を探しているんだ!素人でも簡単にできる「人探し完全マニュアル」が欲しい!

スポンサーリンク

会いたくて会いたくて震える…勝手に震えてろムロタピーズ(@lindalindapanda)です。

あなたは、いま会いたいひとがいますか?

恋人や友達、親や兄弟姉妹etc…

今日は、あなたに相談がありブログに舞い降りてきました。バサァバサァー

人探しです。

とても会いたい人がいるのですが…

神隠しといっても過言ではない状況になっています。

考えうるすべての連絡手段が途絶えてしまい、このまま一生会えないのではないかと、失意のどん底にいるのです。

今回は僕のおこなった「人探しの方法」を公開し、他にもより良い方法がないか知恵を貸していただけないかと…いうなれば乞食記事なのですが、ごきょっ…ご協力よろしくおねがいします!

願わくば同じく「人探し」をしている人に役立つ記事となれば幸いです。

コメントやメッセージをいただければ随時その新たな人探しの方法をチャレンジさせていただきたいとも考えております。それでは…

コジキっ!いっきまーす!
 

 会いたくて会いたくて震える「服部くん」の巻

さっそくですが、お友達「服部くん(仮名)」の捜索依頼をださせていただきます。

MISSION 01 「服部くん」を探せ!

まずは、なぜ服部くんを探しているのかというお話に少々お付き合いくださいませ。

いや…決してBLとかBLとか…ボーイズラブの話ではありませぬ。

冴えない男同士の友情の物語でございます…ご了承ください。

さかのぼること約10年になります。

f:id:lindalindapanda:20180331231941p:plain

僕は社会人生活1年目のゴールデンウィーク(GW)に、例に漏れることなく五月病にかかってしまいました。ハートブレイク!

学生から会社員へと変化するギャップが大きすぎて、心身ともにまいっていたのです。ハートブレイク!

あの頃は緊張が常に最高潮のうえ、残業で毎日終電という自分の性格に全く合わないライフスタイルでした。(自分の時間がないと生きていけない人間なのです…)

五月病にかかった僕は、せっかくのGWを家に引きこもったまま精神が崩壊するか否かの瀬戸際…鬱状態でした。

バラ色だった大学生活のハリボテが剥がれおち、世界の全てが灰色に見えていました。

「これじゃだめだ…部屋の掃除でもして気を紛らわそう…」

重い腰をあげて大好きな小説の本棚の整理をすることにします。

人生の転機となる書物が出てきたのは、このときでした。

ドラゴンクエストの旅の扉、ハリーポッターのキングスクロス駅。物語の始まりの場所です。

光の届いた本棚の奥から高校のころ服部くんに借りた漫画「げんしけん」を発見したのです。

つまり大学の4年間はずっと「げんしけん」を借りパクしていたことになります。すまんよ…服部くん。

この「げんしけん」はガチヲタ漫画なのですが、手に取った瞬間、服部くんと交わした熱い漫画ディスカッションやクソゲー談義、アニメ研究などの楽しかったヲタライフの記憶が一気に蘇り、どうしても服部くんに会いたくなったのでした。

 

「服部くんなら今のこの鬱状態を救ってくれる」

 

根拠のない自信が湧きあがり、早速服部くんの携帯にメールをいれました。

不思議な感覚でした。何もやる気が起きなかったはずなのに…まるで見えない何かに突き動かされるようメールを送信していました。

運命の分岐点とはこういうありふれたところに転がっているのかもしれません。

服部くんに連絡をとるのは高校以来(大学時代は疎遠)の4年ぶりです。

またここでも運命がダダダダーンと僕の背中を後押しします。

幸いにも服部くんのメールアドレスは変更されておらず、その日の夜に服部くんの家に行けることになりました。

僕が大学生のころにスマホブームが到来し、メルアドや電話番号の大変革が行われた記憶があります。今思えば昔から使っているメルアドに出会える確率は非常に低かったでしょう。なんという僥倖!

服部くんの家で僕たちは夜通し「涼宮ハルヒの憂鬱」ヲタ討論会に花を咲かせ、「三国無双」という気分が爽快になるゲームをし、飲めないグレープフルーツチューハイを飲みながら、会社の愚痴を言い合い、近所の公園を散歩しました。

正直何が作用したのかわかりませんが、僕のうつ状態は自分でもびっくりするほど波が引くようにスッと消え去りました。

「服部くんは命の恩人だ」

心の底から僕は服部くんに感謝し、今後の社会人生活に戻っていくことができました。

いまでもこの世で働けているのは服部くんのおかげなのです。

 ◆

月日は流れ、服部くんに「げんしけん」を返したときから10年たったいま。

「服部くんに当時のお礼を言いたい」「もう一度会って遊びたい」

 

そう思ってメールを送りました。

 

MAILER-DAEMON…

 

なんということでしょう…

それもそのはず。

ヲタ談義に花を咲かせ、とち狂ったようにゲームをした日以来、服部くんとは連絡を取っていなかったのです。

なぜわたしは命の恩人だと思った人と10年も連絡を取らなかったのか。

男と言うものは連絡をとらずとも繋がっているという謎の確信があるものなのです…定期的に連絡するなんて俗世のするものでうんたらかんたら…すみません完全に言い訳です。

10年の歳月を経て、僕と服部くんの友情は脆く砕け散っていたのでした。

ここから僕は失われた過去を取り戻すべく服部くん捜索に乗り出したのでした。

服部くんについてかなり熱く語ってしまいましたが、お読みいただきありがとうございました。

服部くんと僕の間にあるヒョロヒョロと脆弱な友情の糸が垣間見えたでしょうか…。

周囲から見ればヲタクがヲタクを探しているだけ…ゲホゴホッ

f:id:lindalindapanda:20180331233833p:plain

 

服部くんの捜索方法を探れ!

いくら悔やんでいても服部くんには会えません。

何とかして服部くんと連絡が取りたい。僕なりの「人探し」のはじまりです。

素人でも簡単にできる範囲で考えつく「人探しの方法」を手当たり次第に挑戦します。

服部くんと僕の間にあるヒョロヒョロと脆弱な友情の糸は果たして結ばれるのでしょうか。

 

メールアドレスの調査

まずはじめにおこなったのが新しいメールアドレスの調査でした。

「ねぇ。ちょっと訳あって服部くんと連絡とりたいねんけど、アドレス知らん?」

複数の共通の友人にあたったところ、僕の知っているアドレスよりも新しい服部くんのアドレスを知っている人がいました。

「めっちゃ簡単やん。服部くんにこれで会えるわ」

さっそくメールを送ってみます。

 

MAILER-DAEMON…

 

「な…なぁこのメルアドはいつの?」

「だいたい8年前」

ノォォォォオオフューチャーー!

友達の中で服部くんの最新アップデートは8年前。

8年前の2010年といえば「けいおん!」や「侵略イカ娘」のときじゃないか!

最新アプデが古すぎる。

これではアドレスによるメールは絶望的です。

ならば電話番号によるショートメールはどうだろうと送信。

今のところ3カ月以上返事がありません。

ノォォォォオオフューチャーー!

電話番号によるショートメールは、電話番号が再利用されている場合もあり、全く知らない人に届く危険性があります。

「服部くん?アニメにゲームが大好きな僕だけど覚えてる?グヘヘヘ…」

なんてものが、純情可憐な女子小学生に届いてる可能性もあるのです。

「キモイおっさんから定期的にメールが届くんだけど…」

なんてロリコンと間違えられたらたまったもんじゃありませんよ…なるべく避けたいところですが、しかし服部くん捜索のためにあらゆるところに足跡を残しておかなくてはいけません。

 

ツイッターとインスタグラム

次に現代文化の象徴ともいえるSNSの代表格Twitter(ツイッター)で服部くん探しをはじめました。

服部くんの名前を入力して、検索をかけます。サーチ…

ローマ字、漢字、ひらがな、カタカナ全滅でした。

そもそもツイッターは匿名性が高く人探しには向いていませんでした。

とりあえずハッシュタグに#拡散などとぶっこんでおきましたが、僕の貧弱なTwitterではリツイートすらままならず…インフルエンサーの協力が不可欠と感じました。

リアアカのフォロワー21人のわい…無事爆死!

では、最近はやりのインスタグラムならばと思い、服部くんの名前を入力します。

結果は見事なまでの空振り

服部くんは当時よりインターネット関係には詳しく、本名をSNSで出す危険性に関してはかなりの知識があっただろうと予想されます。

かたつむりを殻から出すのにはどうすればいいのか(なんちゅーセンスのない比喩だ

しかしながら少しでもできることがあればと、ハッシュタグに服部くんの本名を入れておきました。

僕がインスタグラムを本名でしているので、もしかすれば服部くんがエゴサーチ(自分の名前を自分で検索)で気づいてくれるかもしれません。

 

mixi

これまた懐かしいSNSです。思いついた時は涙が出そうでした。

僕の時代のFacebookといったところでしょうか。当時はみんなmixi内で友達になり(マイミク)日記を公開して和気あいあいと交流を楽しんでいました。

いまではモンスターストライク運営していますよね。

mixiはコミュニティ機能が豊富であり、強固な交流が可能でした。

余談ですが僕は宇宙の外ってどうなってるの?というコミュがお気に入りでした(完全にどうでもいい情報)

f:id:lindalindapanda:20180401105501p:plain

このコミュ機能を利用して、母校のコミュニティがないか探してみました。

ヒット!

今では更新が全くされていない化石となった我が母校のコミュ。しかも僕の卒業年度のコミュが作られていました(いつの間に作られたんだ…なぜわいはこのコミュを知らなかったんだ…あれ…仲の良かった友達も参加しているぞ…目から汗が…)

恐ろしいことに学年の約3分1程の100人が所属しており、当時のmixiの爆発的な人気がうかがえてある意味涙がでてきました。

桜を散らす青春の風が、陸上部の声高らかと響く校庭に吹き、軽音楽部のサックスの音がどこからともなく聞こえてくる…そんな風景を思い出しながら。

懐かしさに胸ときめかせながら、ひたすら100人を洗いざらいに服部くんを探すも全く見当たらず。結構レアリティの高い人もいるのに…

服部おそるべし。

服部くんは当時よりインターネットが好きな人です。魔法のiらんどでホームページも作成していたほどです(いまは消えています)

決してネット業界に疎いわけではなく、むしろ先鋭的だったので、ここでもいかに当時から個人情報に対する危機管理能力が高かったか伺えます。

mixiはちょっと古すぎてダメだったかなということでお次はFacebookで人探しを続行してみることにしました。

 

Facebook

名前検索ではもちろんでてきません。Facebookでの人探しの強みはアクティブの人がmixiよりも圧倒的に多いところです(最近減少傾向にあると感じていますが…)

そこで服部くんの当時所属していたアマチュア無線部のメンバーと繋がることができたので、さっそくダイレクトメッセージを送ってみました。

5年以上前から音信不通。他をあたってみてください。

なんたることか!少なくとも服部くんと同じ釜の飯を食べた部活仲間じゃないのか!冷たすぎるだろ。

他にも繋がりがありそうな友達にメッセージを送るも、結局手がかりつかめず。

ここらでだんだん恐怖を感じてくるようになりました。

服部くん…

無事でいてくれよな

 

Google検索

続いてはGoogleさんで名前を検索してみます。

ここでちょっとしたポイントがありまして、服部太郎(仮名)で検索すると、「服部半蔵と田中太郎が同時に登場するページもヒット」してしまい、検索結果が膨大になってしまいます。

そこ”服部太郎”と””で囲うと検索語句をそのまま表示できる小技があります。これは何も人探しだけに限らず通常の検索にも利用してみてはどうでしょうか。

そんな小技を使い服部くんを検索。

ヒット!!キターーーーー!!!

心臓がドクンと波打ちましたが…

58歳…あっ(察し)全然違うおっさんでした。

半端ない喪失感。おじさんが悪いわけじゃないのよ…ごめんね。

えぇーいここまできてはGoogleさんよ…僕はまだあきらめない。

人間だれしも承認欲求や自己顕示欲が強いはずです。

案外どこかに顔画像を載せている可能性がある!

高校時代の卒業アルバムを引っ張り出してきて写真を撮り、Googleの画像検索にぶち込んでみるも、チンパンジーの画像しか出てこず撃沈…。

すまんよ、服部くん。君の顔はチンパンジーと判断されたのだ。

 

実家に行くしかない!

いよいよ考えうる最終手段…こうなればもう実家にいくしかありません。

服部くんの家は一軒家で引っ越しの可能性も低く、もしも親だけであっても現在の服部くんの近況はわかるはずです。

僕は「げんしけん」を返した思い出を頼りに服部くんの家へ向かいました。

服部くんが転勤族という場合も考えて大型連休で実家にかえってきているであろう時期を狙って襲撃です。

最寄駅から10年前に服部くんと散歩した公園を横目に、グレープフルーツチューハイを購入したコンビニで小便をしてから歩くこと20分。

いよいよ服部くんの自宅について…

膝から崩れ落ちました。

服部くんの実家は玄関のドアがすりガラス状になっていたのですが、すりガラスの向こうにうっすらと見えるのはゴミ袋の山でした。

2階のベランダには、おそらく何年もしまっていないであろうカラカラに乾いて黄ばんだタオルが2枚…

庭には雑草が生い茂っており、生活している様子はかんじられませんでした。

服部くん…

 

君は生存しているのか

 

 

服部くん探しの旅はまだ続く

服部くんの通っていた大学を知っているので、最近では服部くんと同じ大学の人に会うたびに服部くんの所属していたサークルなどを聞いています。

また難しいことに服部くんの通っていた大学はマンモス校なんですね。

おそらく先は長く、現在までにまったく手掛かりなし。

それでも僕はまだ服部くんを探し続けています。

ただ服部くんともう一度遊びたいから。 

もしかしたらこれは探偵ナイトスクープに応募できるんではなかろうか…

f:id:lindalindapanda:20180401111459p:plain 

人探し方法を募集しています

こんな服部くん物語を最後までお読みいただきありがとうございました。

他にもあなたオススメの「素人ができるであろう人探しの方法」があれば是非教えてほしいと思います。

その方法で服部くんを探し、この記事に近況を追記していきたいと思います。

服部くんと再会できたときには、この記事が「完全人探しマニュアル」みたいに世の役に立つ記事になっていたりしないかななんて願ったり…

コメント、メッセージお待ちしております。