味のないパンにも味があると思う。

Flash全盛期から活動するインターネットマスター、年50冊以上の読書、ゲーム好きヲタク。鬱病を克服、あなたに元気とほっこりパンをお届けします。

味のないパンにも味があると思う

仕事(会社)に行きたくない!不安でいっぱいな憂鬱を和らげる超簡単な3つの方法を厳選【鬱対策】

スポンサーリンク

f:id:lindalindapanda:20180623093619p:plain

日曜日の夜は不安でいっぱいにならない?

あなたは日曜日の夜になると次の日の仕事(会社)を考えて、不安で不安で心いっぱいになってしまうことはないでしょうか?

僕もサザエさんが始まる時間になるととても憂鬱な気分になり食事が喉を通らなくなります(あきらかな鬱症状なんですけどね)

僕は新入社員2年目のころ一度鬱病を発症しました。

何をするのもやる気がなくなりただただ涙と不安が押し寄せてくるばかり。

ひどいときには華金であろうがもう月曜の仕事のことを考えて落ち込んでいる。

少し上司に言われたことをいつまでも引きずる(そういう性格なんだもの)

色々なブログを漁ると結論は決まって「会社を辞める」というところに行き当たります。

しかし結局休職という言葉に騙されてどんどん人間界から離れていくのです。

休職を考えている方はこちらの記事も参考にしてください。

新しい考え方が持てると思います。

www.lindalindapanda.com

といってもしんどいものはしんどい。これはまぎれもない事実です。

日曜日の朝からなんてずっと吐き気との戦いなんてことも珍しくありません。

今日はそんな私が実践している「不安を少しでも和らげる」とっておきの3つの方法を紹介します。どれもとても簡単に実行できます。

厳しいノルマで鬱病発症

私が鬱(うつ)になった背景にはやはり会社があります。

大学生活はバンド活動を行い華やかに過ごしておりました。

大学を卒業し銀行員となった私ですがノルマや飛び交う怒声によって心をズタボロにされました。

平日は日付が変わるまで仕事をし休日には何の気力も湧かず家にこもっている日々でした。

一時は休職を考えましたが、休職をし一度ドロップアウトしてしまうと復帰はかなり困難に思えました。

「休職は逃げじゃない」あってます。自己防衛です。しかし休職したあとのフォローはだれもしてくれません(一気に周りの世界から取り残され負の連鎖にはいります)

ですのでなんとかかんとか転職を頑張りました(転職できるなら困らねぇわ…と言わないでください。僕は本当に努力しました。エネルギーを転職にとてもつかいました。やるのとやらない机上の理論は大違いです)

しかし環境はマシになっても鬱病は1度こじらせると治ることはありません。

よく完治したとのことを聞くのですが私には到底理解できそうもございません。

ですので、自分で少しでも心がマシになる方向に持っていく努力をしっかりすることが大切です。

はっきり言ってどのサイトをめぐっても休職→いつか治る→じょじょに社会復帰と生ぬるいことしか書いてないような気がしたのが僕の主観です。

鬱(うつ)で浮き沈みの激しい1週間の心の動き。

ちょっとお遊びで私のココロメーターを書いてみました。

f:id:lindalindapanda:20170113202812p:plain

同じような気分のグラフを辿る人も多いのではないでしょうか?

金曜日の夜になるとフィーバーし、日曜に直滑降。

この凄まじいほどの重力(落差)に耐え切れず地面にぬめりこむ訳です。

さらにグラフの中央値に注目してください。

そうです…平日は常に泣いている状態にあるのです。

「憂鬱」を軽減させる3つの方法

さて、それでは私の行っている憂鬱の軽減方法を紹介したいと思います。

注意が必要です。

決して鬱病を克服までできるものではございません。

あくまで症状の軽減を目的としています。

実際にこの記事も気分の優れている金曜日に書いております。

日曜になると私もまたこの記事をご覧のあなたと同様、憂鬱になるのです。

うまく付き合っていく方法を見つけていきましょう。 

月曜日になるべく仕事を入れないでおくべし

私はこの憂鬱の原因は超絶怒涛の心の落差から来るものと考えております。

そして金曜日から既に次の出社の月曜日のことを思い浮かべ憂鬱になるのはこの落差に耐える一種の自己防衛と思います。

この落差を少しでも軽減できれば心が少し安心できるはずです。

その対策方法としてとても単純なことなのですが月曜にはなるべく仕事をいれないことです。入れない努力をします。

すると自然と月曜の仕事を考える時間が減少するはずです。

簡単なことですが、気づいたときには目からうろこでして僕ら鬱気味の人間は金曜をなんとか乗り切ることだけを考えてしまう傾向があります。

それゆえ仕事を月曜に回しがちなときにがありませんか?それこそ逃げるように。

少し踏ん張ってみる努力をするのです(そうです努力をしなければいけません)

ひたすら単調作業を繰り返すのである

 何かをしていると気が紛れる。

たとえば趣味に没頭しようといった記事をみたことはないでしょうか。

もう僕は全くだめなのです…。趣味に没頭できたらそれは鬱ではございません。

趣味の読書をしている間も頭の片隅ではモンモン。

大好きなゲームもすぐに余計なことが頭をよぎり没頭できません。

そこで僕の編み出したは単調な作業を反復することです。

たとえば僕の場合はこいつを使ったりしています。

こいつでひたすら頭を押します。無心で。 

f:id:lindalindapanda:20170113210353j:plain

「あんたアホの一つ覚えみたいにまた押してるの。頭しまいにハゲるで」と言われようがそんなの関係ありません!押せ!押せ!押せ!

更に究極の方法があります。

記事を載せておくのでどうぞご覧ください(本当に究極の鬱対策)

www.lindalindapanda.com

眠れないなら「無」を考えろ

この方法は友人から教わったのですが「無」というものを考える方法です。

僕なんかは宗教に信仰深いわけでもなんでもないので邪念を捨てて心を無にするような力なんてありません。

しかし「無」というものを考えることはできます。

一見すこし難しい話をしているようですがめちゃくちゃ単純で簡単に誰でもできます。

ただひたすらに必死に「無」を念じるのです。

別に心の煩悩を捨て無になるわけではありません。

どういうことかというと頭の中は「無」「無」「無」「無」という漢字だらけになります笑。心を無にするのではありません。

そのうち頭の中が「無」の漢字だらけになって他の迷いごとがはいってくる余地すらなくなります。

そのうちに眠ることができることができるという強制脳みそ詰め込み法です。

目からうろこな方法ではないですか?簡単なのでやってみましょう。

おわりに

僕が心見ている鬱病軽減対策の初歩でした。

だれでもできる簡単なものをチョイスしたので少しでもあなたの心が軽くなればと思います。

またちょっとは元気で動けるよって方には夜散歩なんていかがでしょう。

あわせてお読みください。

www.lindalindapanda.com

なかなかやっかいな鬱病。

いいたいことはふさぎこんでいても解決しないことと、他のよく見かける甘い休職の誘いタイプのブログでは負のスパイラルに陥ってしまうこと。

なんとか頑張ろうとしている人の心を折る記事が多いことにビックリしました。

ここに注意してしっかり鬱病に対する対策努力をしていかなければならないと僕個人は考えています。

一緒に頑張っていきましょう。それではまたっ!