味のないパンにも味があると思う。

大人の心をゆるりと癒すブログです。悩みの多い社会人、癒しのおもちゃやアプリ、暮らしのライフハックなどで楽しく一緒に乗り切りましょう。

味のないパンにも味があると思う

【2017年社労士試験】へたれ味パン奮闘記「試験科目を把握して学習の順番を確立させよう」

f:id:lindalindapanda:20170129235333p:plain

みなさんこんばんは。社会保険労務士試験の進捗いかがでしょうか。2月に入りましたね。私は前回の記事に3月までにはインプット(基本テキスト)を終わらせると言っていましたが、まだ3分の1くらい科目が残っており、冷や汗が出ています。あぁ間に合うのかな。ともあれみなさん一緒に頑張りましょう。私の自己紹介記事を貼り付けておきますので、少しでも共通点があれば一緒に頑張っていけると心強いです。

www.lindalindapanda.com

 さて、今回の社労士試験奮闘記は、とても重要な自分の学習スタイルを決める肝となる「学習の順番」をメインテーマに取り扱いたいと思います。ここでスタイルを確立しておくことが、後の試験科目あっちに飛んだり、こっちに飛んだりと器用貧乏にならないためにとても大事なことだと考えました。

今日の目次

 試験科目のおさらい

前回の記事で基本テキストや一問一答、過去問テキストなどを紹介させていただきましたが、お気づきだと思います。どのテキストもおそらく同じ学習科目が同じ順番で掲載されていないでしょうか?多くの場合が以下の順番で掲載されていると思います。

労働基準法(労基法)

労働安全衛生法(安衛法)

労働者災害補償保険法(労災保険)

雇用保険法

労働保険の保険料の徴収等に関する法律(徴収法)

健康保険法

国民年金法

厚生年金保険法

労働に関する一般常識(労一)

社会保険に関する一般常識(社一)

一般常識に関するものが前後する場合がありますが、ほぼほぼこの順序でテキストが構成されていると思います。私が愛用するテキストもこの順番であります。

おそらく試験出題がこの順番(労一・社一のみ健康保険法の前にはいる)だからかと思います。後に比較するためにこれを簡潔にまとめておきます。

多くのテキスト:労基→安衛→労災→雇用→徴収→健保→国年→厚年→労一→社一

 

試験科目は分かった。ではどの順番で学習するのが効率的なのか

私の場合はまずざっくりと入門テキストと基本テキストを眺め、大まかな学習のウエイトを把握しました。その中で感じたことが、テキストの後半に掲載されている健保、国年、厚年のウエイトがやたら重そうなところです。学習というのは後半に入ると必ず中だるみが発生してきます。これは私が高校、大学受験、資格勉強と経験してきました。必ず何かしら誘惑がくるのです(笑)そこでまずは、この科目を中心に勉強を進めることにしました。さらに学習の類似性と兼ね合わせ、まず以下の順番が決定します。

 

学習順番第一形態:国年→厚年→労災→健保

 

ウエイトの大きな国年から、厚年は国年の2階建て保険と呼ばれ非常に類似している部分も多く、国年→厚年のセットになります。

さらにウエイトの重たい健保に行きたかったのですが、その前にテキスト最初に掲載される保険科目の労災を優先に学習します。労災と健保は発生事由こそ異なりますが、用語も似通っている部分多々があり、学習順が開いてしまうとその類似性ゆえ、どちらの制度であったか混乱してしまうことになると思いました。逆にセットにすることでその類似を比較できるメリットが大きくなると思います。さて、残りの順番はこうです。

 

学習順番最終形態:国年→厚年→労災→健保→雇用→徴収→労基→安衛→労一→社一

 

雇用保険は暗記することも多く、早めにやっつけておきたいところです。ここで労災と雇用が終われば、その保険料に関する徴収法の学習が可能になると思います。労基、安衛ですが、安衛は比較的重要度が他と比べれば下がること、また暗記も多く、労基を挟むほうが息抜きになると思います。全体的に学習のウエイトが低くなっていくように決めました。比較すると随分違いますね。

 

テキスト:労基→安衛→労災→雇用→徴収→健保→国年→厚年→労一→社一

学習順番:国年→厚年→労災→健保→雇用→徴収→労基→安衛→労一→社一

 

私はこの順番で学習を進めていっており、今のところ不自由するところはございません。オススメの学習順番です。

 

一問一答や過去問はどのタイミングでやってる?

試験科目の学習順番も決定しておくことが重要でありますが、テキストの学習順番も確立しておくことが重要であると思います。

私はまず入門テキストを全体を通してサラサラっと読み、基本テキストに入りました。そして各科目が終わったあとに要点整理テキストと一問一答を行うことにしております。一問一答においては、通勤途中の電車で開いたりしてますね。

基本テキスト(国年)→要点整理(国年)→一問一答(国年)→基本テキスト(厚年)→要点整理(厚年)→……といった具合です。

とりあえずこれを3月までと設定したインプット期間にすることとしております。過去問や横断整理についてはアウトプット期間にみっちり行う予定です。

以上今回は学習順番をメインテーマに紹介させていただきました。みなさんも効率的な方法がございましたら教えてくださいね。ご愛読ありがとうございました。