味のないパンにも味があると思う。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

味のないパンにも味があると思う。

大人の心をゆるりと癒すブログです。悩みの多い社会人、癒しのおもちゃやアプリ、暮らしのライフハックなどで楽しく一緒に乗り切りましょう。

味のないパンにも味があると思う

【2017年社労士試験】へたれ味パン奮闘記「試験合格までの道のり」

2017年社会保険労務士試験対策

本日の目次

社会保険労務士の試験勉強を開始するにあたって

ブログ「味のないパンにも味があると思う。」管理人のムロタピーズです。このたびは、2017年社会保険労務士試験(社労士試験)のへたれ味パン奮闘記をお読みいただきありがとうございます。味パン奮闘記は社労士試験に挑戦するみなさんと、苦労や喜びを共感しながら社労士試験の合格までを一緒に乗り切りたいと思い作成しました。

自分も資格試験(社労士に限らず)頑張っているよ、同じようなブログやってるよ等、なんでも結構です。少しでも接点あれば気軽に声をかけていただけるととても励みになりますので、よろしくお願いいたします。

社会保険労務士試験に挑戦するヘタレ男 

簡単ですが自己紹介をしたいと思います。

大阪在住の30歳男性。毎日妻の尻に敷かれながらも楽しく生活しております。小学校・中学校と成績は優秀なほうであったのですが、高校に入学後、バンド活動に目覚め(根暗6人組が組んだ根暗バンド)次第に成績は低下、数学の実力テストでは3点という前代未聞の点数をたたき出し、学年320位中300位に…高校3年生の頃、センター試験に失敗するもなんとか私立大学に滑り込みます。

大学では、素晴らしい仲間ができ、いわゆるオタク化が進みます。エヴァンゲリオンを初めて見て、なんて面白いアニメなんだと興奮し、涼宮ハルヒの憂鬱で完全に覚醒し、いまでもマイフェイバリットコミックは「げんしけん」でオタク気質であります。アルバイトはコンビニ。新しい環境に飛び込むことがすこぶる苦手な私は、4年間すべてコンビニに捧げました。勉学は経済学部統計学科を専攻。将来「絶対営業職なんてできないよ!」とへたれな私は、事務職になりたいと漠然とした考えのもと簿記2級の試験を受け、当日の腹痛にも負けず奇跡的に合格。ここで社労士試験もという頭は当時まったくありませんでした。恋愛においては、今の嫁と出会い10年の交際を経て結婚をいたしました。

希望に満ちた社会人。私の就職活動時代はいわゆる氷河期と呼ばれるものでなかなか内定をもらうことができませんでした。30個ほどでしょうか。面接を受け、銀行に入社します。銀行の業務は想像を絶する過酷さでした。厳しいノルマに支店内での罵声。ここまで読んでくださりおわかりでしょうが、根暗、オタク、新環境への適応能力のなさのコンボを決め込んでいる私。そうです。鬱の発症です。文化系の人間にはキツすぎました。休日は何もする気が起きず、ただ翌営業日への不安におびえながら過ごし、辛い時期でした。銀行を2年間で退職。勇気を出して辞表を提出してからも、鬱は簡単に治りません。今でも気持ちを安定させる薬を服用しております。

転職後、事務職に入社することができました。本当に転職してよかったと思っています。高校で結成したバンドメンバー、今の妻、大学でできた1人の親友、少ない人間関係ですが、とても救われました。転職後の会社では、主に労務関係の仕事を行っています。入社歴も5年となり、後輩ができました。後輩に質問をされると私の知識のあやふやなところや、不足しているところが浮き彫りとなることがわかり、自身のスキルアップをしなくてはならないという思い、また家庭を持つようになり、妻や将来の家族が安心して暮らせるよう社会を生きていくうえで知識をつけておきたい、会社を万が一退職するようなことが起きても家族を守っていけるようにしなくてはいけないとの思いから、今回の社会保険労務士試験(社労士試験)を受験することに決めました。

長い自己紹介となりましたが、このような経歴の中に何か共通点がございましたら、仲良くしていただきたいと思います。よろしくお願いします。

 

私の立てた誓い

さて、第一回目の今日は社会保険労務士試験(社労士試験)の私の誓いを載せておきたいと思います。この記事を私自身も振り返ったときに当時のやる気を思い出したいと思います。

 

・独学で試験に合格する。

お小遣い制の私にはスクールに通うお金もありません。また変則的な仕事量の社会人にとっては決まった時間の確保も難しく、今回はインターネット等で情報を拾い独学で頑張りたいと思います。もちろん取得した情報をこのブログにも掲載してみなさんと共有したいと思います。

 

・1日1度はテキストを開く

3日坊主なことが多い私にとっては、思い切った誓いです。ただ事前調査では、社会保険労務士試験では、継続的な学習が必要とのことです。1日1度はテキストを開き、試験当日までモチベーションを保ちたいと思います。テキスト選びの基準なども記載していきたいと思います。

 

・インプットは3月までに終了させ、アウトプット中心に学習する

社会保険労務士試験の2017年度の試験日は8月28日です。覚えることが膨大な社会保険労務士試験。一通りの学習を3月までに終わらせ、約5ヵ月間を問題演習の時間にあて十分なアウトプット期間をとれるよう目標設定しました。

 

・楽しくをモットーに学習を行う。

常に自分の知識となっているという感覚を忘れず楽しく勉強を行いたいと思います。国民年金や厚生年金などは自身の老後プランにも役立ちますし、雇用保険、労災保険は会社で働く上でのトラブルの未然防止にも繋がります。このように決して試験に合格することだけが目的ではないといことを思いながらスムーズな学習を目指します。

 

・毎日会社から真っすぐ帰宅する

社会保険労務士試験でこのような目標を立てる人がいるのでしょうか。会社の終了後フラフラと寄り道せず帰ることを誓います。意志の弱い私は、こうやってブログに書かないと有言実行できる気がしませんでした(笑)

 

・息抜きを忘れない

大好きなテレビゲームや読書の時間を確保する。試験日までの長い道のりに必ず娯楽は必要になってくると思います。自分が何事もガソリン切れする性格なことをわかっているのでライフバランスに注力しメリハリある勉強をします。

 

ここらで誓いを終わらないと、だんだん自分に甘い条件が出てきました。危ない危ない。このような私ですが、今後みなさまよろしくお願いします。次回は、テキスト選びの奮闘記を記載したいと思います。ツイッターもしておりますし、こちらの記事のコメントでも結構です。よろしければ一声かけてください。とても喜びます。