味のないパンにも味があると思う。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

味のないパンにも味があると思う。

大人の心をゆるりと癒すブログです。悩みの多い社会人、癒しのおもちゃやアプリ、暮らしのライフハックなどで楽しく一緒に乗り切りましょう。

味のないパンにも味があると思う

「撮るネタ」に困った時のアイディア20選!一眼レフを使いこなそう

 

f:id:lindalindapanda:20170121192445j:plain

念願のカメラを購入したのはいいのだけれど…

何を撮影すればいいのかネタが浮かばない。

人とはちょっと違った写真を撮りたい

SNSでセンスある写真を載せたい。

そんな人のためにちょっぴり手助けをしたいと思います。

 写真のアイディア集

 

 

ちょっとお高いカメラとレンズを揃えて、いざ写真撮影スタートとなると全然アイディアが思い浮かばないなんてことはないでしょうか。ここでは、私のような初心者でも簡単に撮れる他の人とは一味違った撮影アイディアを紹介したいと思います。あくまで写真の撮影は素人なので、決して上手な写真や構図ではないと思いますが、みなさまのアイディアの種になればいいかと思い記事を書かせていただくことにします。

 

水道の蛇口をひねるだけで撮れる水滴

f:id:lindalindapanda:20170121184757j:plain

水道から落ちる水。シャッター速度を遅くして撮影すると水がシンクに落ちて、クラウンができる様子を撮影できます。家の蛇口をひねるだけなので簡単に面白い写真が撮れます。私はよくシャッター速度の勉強のためにこのような写真を撮っておりました。母親からは「あんた蛇口とにらめっこして何してるん?」と言われながら…普通の人ならそう思いますよね(笑)

 

 

水に混ざる絵具

f:id:lindalindapanda:20170121185140j:plain

絵具が水に溶けていく様子。絵具さえあればすぐに撮れます。一滴絵具をたらせばそこはもうアートの世界です。色を変えれば、絵具は様々な姿で水に溶けていきます。こちらもシャッター速度の練習には最適でした。

 

 

地面に映る空模様

f:id:lindalindapanda:20170121185458j:plain

水たまり。雨があがったあとに撮影しました。なにげない水たまりでもフィルターを通してみると、地面に空が写るってとっても楽しく不思議な感覚になったことを覚えています。いやしかし撮影の時、地面に這いつくばっていましたので周りからは不審がられていたかもしれません(笑)

 

 

枝にペットボトルを刺してみた

f:id:lindalindapanda:20170121185946j:plain

近所の公園。枝に落ちていたペットボトルを突き刺しただけです。それだけで冬ならではの哀愁を漂わすことに成功します。できれば遊具なんかを後ろにいれて絞り(ボケ)の練習も一緒にしてみましょう。

 

 

錆びついた遊具でノスタルジック写真

f:id:lindalindapanda:20170121190147j:plain

すこし錆びた遊具はどことなくせつない空気と一緒に空間を切り取ってくれます。できるだけ古いレトロな遊具を選ぶのが良いでしょう。小さい頃の夕方になったら友達と別れてもう家に帰らなくちゃいけない…そんな切ない時間がリンクして、感慨深い写真に仕上がります。

 

 

飛ぶ鳥のシルエット

f:id:lindalindapanda:20170121190409j:plain

飛ぶ鳥。夕日の加減でシルエットを撮影することができます。よく空を見てみましょう。実は鳥がシルエットになっていることなんて多々あります。とてもカッコイイ他の人の野鳥写真とは一味違った写真が撮影できると思います。

 

 

水晶玉に映る町並み

f:id:lindalindapanda:20170121190600j:plain

ストーンマーケットとかに売っている水晶玉で十分です。こちらの撮影時の水晶は、ビー玉くらいの500円以下で購入したもの。とても小さいですが、カメラの接写機能を使って撮影しましょう。景色が反転して水晶に写ります。いつもの町並みがギュッと水晶に詰まって映るので、水晶を手で持って撮影すると世界が手の中にあるような面白いものが撮れそうですね。

 

 

夜空を回る星

f:id:lindalindapanda:20170121191627j:plain

星めぐりの写真。真っ暗なところで夜空に向かってシャッターを30分ほどあけましょう。シャッターを数十分あけるので、真っ暗な場所の確保が少し難しいかもしれません。しかしこの星の写真は、カメラを購入したのならば必ず撮りたい1枚なのではないでしょうか。私もまだ撮影したことがないのですが、夜空を一周回る星(よく理科の教科書ででているもの)を撮影したいです。他のものに比べて少し根気がいるかも。

 

 

車のテールランプが道路を走る

f:id:lindalindapanda:20170121192134j:plain

歩道橋から撮影した車のライト。シャッター速度の調整でこんなにも幻想的に写ります。歩道橋があれば比較的簡単に撮影できると思います。撮影には車1台が通れば十分幻想的な写真が撮れますので、比較的交通量の少ない道路がオススメかと思います。

 

 

夜の工場地帯

f:id:lindalindapanda:20170121192233j:plain

24時間稼働の工場地帯です。夜の工場はイルミネーションかのごとく綺麗です。最近ではデートのときにも立ち寄る方がいるみたいで、カップルも多くいらっしゃいました。暗いところで写真を撮る練習にも最適です。ちなみに私は別に工場マニアではないのですが、大層綺麗なことに感動しました。

 

 

水滴の中に閉じ込めた桜の花びら

f:id:lindalindapanda:20170121192246j:plain

桜を撮影することはカメラマンの中ではかなりポピュラーなことだと思います。私は少し変わった桜の撮影をしたいと思い、花びらに焦点を当てることにしました。ちょうど雨上がりでしたので、花びらが水滴に包まれる様子を撮影することができました。

 

 

足元の小さな緑

f:id:lindalindapanda:20170121192316j:plain

いつも歩いている一見何気ない地面。この地面を接写で撮影してみるとこんなにも面白い植物が生えていたのかと感動いたしました。一度地面を接写で撮影してみてください。思わぬ発見があるかと思います。写真を始めてよかったなと思うことなのですが、小さな自然の面白さを発見する、または発見しようという視野が備わって世界が楽しく見えるようになりました。

 

 

京都の幻想的な景色

f:id:lindalindapanda:20170121192347j:plain

京都に限らず、古民家等はノスタルジックな写真を撮るのに最適です。撮影してみると江戸時代なんかは、袴をはいて、ちょんまげをしたお侍さんが、着物を着た女房と歩いていたんだろうな~なんて勝手に1人でタイムスリップできちゃいます(笑)

 

 

水をはじく元気なひまわり

f:id:lindalindapanda:20170121192403j:plain

ひまわりを撮影することは多いとおもいますが、私はひまわりの元気良さを表現するため、水をはじく様子を撮影しました。日の丸構図でひまわりを撮影する、ひまわり畑で無数のひまわりを撮影する、これらのこともやってきたわけですが、結局のところひまわり写真ではこれが一番のお気に入りになっています。

 

 

線路とねこじゃらし

f:id:lindalindapanda:20170121192428j:plain

いつもの線路をねこじゃらしと一緒に撮影しました。通学路を思い出します。毎日一緒に学校に行っていた友達が転校して悲しかった小学生のころ。大人になって住所を聞いたら、実はほとんど離れていない隣の校区だったなんてことが発覚したのは最近のことです(笑)

 

 

夕焼けスポット

f:id:lindalindapanda:20170121192459j:plain

撮影の王道。夕焼け。自分だけの落ち着ける夕焼けスポットを発見しましょう。最高の夕焼けを撮影するのは結構根気がいると思います。綺麗な夕焼けの写真はネットなんかでよく見かけると思いますが、実際夕焼け撮影に本気になると、毎日毎日夕焼けの見せる姿が違うことに気付くと思います。いまでも何回も何回も撮影しています。最高の夕焼けを撮影する飽くなき挑戦は続くことでしょう。

 

 

楽器

f:id:lindalindapanda:20170121192514j:plain

楽器って、近くでみると面白い形をしているんですね。こちらの写真は友達の吹くサックスなんですが、その構造の複雑さに鳥肌ものです。目標は音楽の聞こえてくる写真を撮れるようになることです。まだまだ先は長い…

 

 

ボケを利用した一味違う食べ物写真

f:id:lindalindapanda:20170121192551j:plain

食べ物を撮ってしまいましょう。食べ物はとっても鮮やかな色をしています。対象を手前に、奥にも少し食べ物を配置してしまえばあら不思議。友達よりもワンランク上の食べ物写真が撮影できてしまいます。

 

 

赤く燃えるもみじ

f:id:lindalindapanda:20170121192606j:plain

f:id:lindalindapanda:20170121192622j:plain

カメラを買ったのならば、王道の紅葉を撮りに行きましょう。赤だけじゃなくて、黄色のもみじもとても綺麗ですよ。ハイキング気分で気軽に観光に行くのが良いでしょう。ちょっと太陽を入れて撮影すればもみじはより一層赤く燃えてくれるはずです。

 

 

山から見下ろした田園

f:id:lindalindapanda:20170121192658j:plain

山から撮った田園の様子です。偶然、手作り飛行機を飛ばす方がいらっしゃいましたので、こんなRPGの表紙みたいな写真の撮影に成功しました。写真の話とは直接関係ないのですが、大空に向かって投げるこの飛行機は遠く遠くの空まで飛び立って、風を掴み旋回する様子は圧巻でした。いつか私もやってみたいと思っていることの1つです。

 

 

冬の枝とお月さま

f:id:lindalindapanda:20170121192713j:plain

見上げれば結構この組み合わせはあるのではないでしょうか。日が沈んで間もないころに撮った写真。早くおうちに帰ってシチューが食べたい!当時そう思いながら撮影したことを思い出します。

 

 

真夏の花火

f:id:lindalindapanda:20170121193333j:plain

 うまく撮影することができました。花火は何度も失敗して設定を見直したりしましたので、難易度は結構高いかと思いますが、撮れた時には本当に写真映えしますので是非挑戦してみてください。一眼レフならではの花火が開く様子を撮影できることでしょう。

 

 おわりに

以上、写真のネタに困った時のアイディア特集でした。記事の中でも記載させていただきましたが、写真をはじめて、なにげない日常生活を注意深く見ることができるようになりました。そこには発見が詰まっていて世界で生きることが楽しくなります。また機会がございましたらみなさんのブログ等で、撮影した写真を見せてください。それではご愛読ありがとうございました。