味のないパンにも味があると思う。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

味のないパンにも味があると思う。

大人の心をゆるりと癒すブログです。悩みの多い社会人、癒しのおもちゃやアプリ、暮らしのライフハックなどで楽しく一緒に乗り切りましょう。

味のないパンにも味があると思う

学生時代に読みたいオススメ小説

 

この冬コタツでぬくぬくと読みたい青春小説

寒い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

家のコタツでゴロゴロの強い味方。青春小説を紹介したいと思います。

読書のレビューってひとたび趣味が合ってしまったらその人の紹介する作品ってどれもこれも波長があって面白いですよね。そういう紹介ができる人になりたいと思います。

私は年間60冊ほどの本を読み、かれこれ15年程たつのですが、読書歴もこれくらいになると好きなジャンルが確立されておりまして、それがそう、青春小説なんです。

お気づきの方もいらっしゃるでしょう…ん?こいつ15年間本を…すみませんご察しの通りおっさんでございます。

いいじゃない!青春小説の読者に年齢なんて関係ないじゃない!

ということで、いつまでもモラトリアムの抜けきらないおっさんが学生さんや、社会人にもおすすめの青春小説を紹介していきたいと思います。

 

 

 

第3位 2005年のロケットボーイズ(五十嵐貴久)

f:id:lindalindapanda:20170114174855j:plain

毎日をダラダラと過ごす高校生たちがふとしたきっかけで人工衛星を作ることに。

またその人工衛星を作るチームが変わり者ばかりで面白い。

人工衛星を作る過程で問題は盛りだくさん。しかし問題に直面するたびに高校生たちは知恵をしぼり、面白いほど粘りに粘ってなんとか乗り越えてゆく。

チームで1つのものを作る素晴らしさを小説の中の主役たちも、読んでいる私も感じることができる素晴らしい作品でした。

スカっとしたいときに是非どうぞ!

  

第2位 砂漠(伊坂幸太郎)

f:id:lindalindapanda:20170114175009j:plain

お次は大学生のモラトリアムを描く青春小説です。

写真を見てもわかるとおり何度読みなおしたことか…ボロボロです(笑)

麻雀、合コン、ボウリング、通り魔との遭遇、超能力対決、ほんとうに学生へタイムスリップしたかのような錯覚にとらわれます。

一見、緩やかに大学生活の4年間が描かれているかと思いますが、そこは有名作者さん。ドキっとさせられる伏線もはられています。

チーム1人1人の描写もうまく、必ず応援したくなる登場人物が見つかるはず。

社会人の方は懐かしく、当時こんなだったなーと忘れていた気持ちを新たにできます。

これから大学へ向かわれる方は、日々青春をかみしめれるようオススメの1冊です。

 

第1位 鴨川モルモー(万城目学)

f:id:lindalindapanda:20170114180349j:plain

いや~これはまいった。何度読んだことか。まず本のタイトルから「ホルモー」ってなんなのって(笑)

京都の大学生の話なのですが、ホルモーとは、それぞれ京都の大学間で競う、世にも奇妙な競技なのです。

またこれがおもしろい。鬼を使う競技なのですが、その鬼が見えるまでの過程ほんと面白い。こんな大学生活を送りたかったと思います。

京都の町並みに少しモノノケの気配。日常生活なんだけど、少し異世界のパラレルワールド。

ホルモーの競技自体は熱く、チームの仲間割れや友情、大学生ならではの恋心。

1冊でギュっと詰め込まれています。

筆者の文体も面白く、私は気に入りすぎて講演会までいったほどです。

ただ単に昔を懐かしむだけでなく、競技の勝敗のゆくえや、恋のゆくえ、すべてに熱中して毎回1度読み始めたら手がとまらず徹夜です。

 

なお、こちらには、「ホルモー六景」という続編も出ており、こちらも超絶おすすめでございます。

 

  以上、おすすめの青春小説でした。

このほかにもたくさんの青春小説を読んでいるので順次紹介していきたいと思います。

ぜひブログ登録よろしくお願いします。